なぜMUAはシリコンパフを使わないのか。その理由は?

2016年頃に出始めたシリコンパフ。

SNSからジワジワと話題になっている商品ではありますが、

海外のプロのメイクアップアーティストさん(以下MUA)が使っているのを見たことが無い!

筆者の素朴な疑問であったことをallureで取り上げられていたので英語力ゼロの私が自分なりに翻訳しました。

 

 

Sponsored Links

MUAがシリコンパフをオススメしない理由。

関連画像

インスタグラムのMUAや、シリコンパフを展開しているブランドは様々な理由からシリコンパフをおすすめしています。

簡単に洗浄ができ、時短に繋がる。シリコンパフを使うことでメイクプロセスのスピードがアップすると。

 

Gigi Hadid, Olivia Munn, Shay Mitchellなどのメイクを手がけるPatrick Ta氏やStevie Huynh氏などの有名MUAの反応はいまひとつ。

アンチシリコンパフの方が多く、皆ビューティーブレンダーを絶賛し愛用している。

 

 

1.ブレンディングが最悪

シリコンパフはブレンディングが簡単ではない。

メイクで必要不可欠であるブレンディング作業がシリコンパフだと無駄になる。

Huynh氏いわく、

「トーストにバターを広げるためにスパチュラを使用するのと似ている」

Sponsored Links

2.ムラになりやすい

通常メイクスポンジは余分についたファンデーションなどを吸収し、肌を均一化させてくれるのだが

シリコンパフの場合、肌に乗ったファンデーションを”ただ伸ばしているだけ”になるので自然な仕上がりとならない可能性が。

 

*筆者はシリコンパフ=スパチュラと考えるようになってしまいました。

3.水を吸収しない

当たり前だがシリコンパフは水を吸収しない。

NYを拠点に活躍しているBenjamin Puckey氏、Joseph Carillo氏もシリコンパフは水を吸収しないことからおすすめしないと

他のMUA同様、”アンチシリコンパフ”の考えを持っている。

(余談ですがNyx Flawless Finish Blending Spongeもオススメらしいです。安価なのでお財布に優しいですよね。)

 

彼は指を使い肌にファンデーションを乗せ、ビューティーブレンダーで馴染ませる。

水分を含むビューティーブレンダーなどの製品だと綺麗に馴染ませることが出来る。

ファンデーションの乾きも防ぐことができ、毛穴レスの肌が完成する。

 

シリコンパフの場合は、

“swipe like a mofo.”

まぁクソだと言うことです。*mofo=mother fucker

 

まとめ

MUAたちがシリコンパフのアンチである理由は

 

ブレンディングが出来なきゃ、意味がねえ!

 

ということですよね。

洗浄が簡単な売りのシリコンパフでも、スパチュラじゃ意味がねえんだよ!と。

メリットが洗う手間だけなら・・うーん。

ド素人の筆者自身も使う価値はあるのだろうか?と思いますね。

ブレンディングはメイクに置いてとても重要なことなので。

 

結論、皆ビューティーブレンダーを買おう。

 

References:allure

シェアする

error: Content is protected !!