プラセンタ注射 | メルスモンとラエンネックの違い。

過去記事

プラセンタ注射の効果と打つ頻度、費用について。

プラセンタ注射3回目 | バストサイズがアップしてた。

 

今回5回目のプラセンタ注射だったのですが、なんと

ラエンネックからメルスモンに変更に。

 

私はロシアの友人からラエンネックがいいのよ!美容には!と言われていたので

しょぼーんだったのですがこれからはメルスモンを打ち続けるわ。

(会社の近場で打ってくれる病院がここしかない)

 

さてメルスモンとラエンネックの違いをまとめてみます。

Sponsored Links

メルスモンとラエンネックの違い

ラエンネックとメルスモンの違い
プラセンタには、ラエンネックとメルスモンの2種類ありますが、その違いは何なのでしょうか?
まず、医療用に使える分野が違います。
ラエンネックは、肝臓の病気(肝硬変、慢性肝炎)の治療剤として認可を受けていて、 メルスモンは、更年期障害や乳汁分泌不全の治療剤として認可をうけています。

次に、製造工程が多少異なりますので、作用および濃度が異なってきます。
しかし、美容目的(保険外)で用いる場合は、あまり違いはないようです。

ラエンエックは蛋白分解剤(ペプチン)+加熱分解を中心に行い蛋白質をバラバラにし、
メルスモンは塩酸分解および長時間の高熱加熱分解を行っています。

また、メルスモンには局所麻酔薬(ベンジルアルコール)が含まれていますので、
点滴で使用するとショック(血圧低下)を起こすリスクがあると言われています。
しかし、皮下注射では、ラエンネックもメルスモンもリスクの差はありません。
さらに、製造工程の違い上、同量の胎盤からは、メルスモン製剤の方が多く作れます(言い換えれば薄い)。

逆に、ラエンネックは、メルスモンと比較して分子量が大きい為、注射時に痛みを伴います。
当然、濃いので魚(胎盤)臭い事などが違いと言えます。

どちらも良さがありますので、一概に言えませんが、イライラしているような人にはメルスモンの方がよく効くでしょうし、疲れや抗老化に対してはラエンネックがよく効くと考えられています。

引用元:おおこうち内科クリニック

 

美容効果はメルスモンとラエンネックどっちが効果的?

医師曰く、ぶっちゃけ美容目的で打つのならどちらでもいいそう。

 

そして人によっても様々なのですが

ラエンネックの方が濃いから美容目的にいいなど私のロシア人友人のような方もいれば

お肌の代謝やホルモンバランスの乱れが気になるなど美容目的の場合はメルスモンのほうがいい

ラエンネックはむくむ!メルスモンの方が合っているという方もいますし

 

打ち比べて自分に合う方を見つけたほうが良いようです。

Sponsored Links

最後に

どちらも打って感じたことは痛みに弱い方はメルスモンの方がいいかと。

ラエンネックだと痛みがあるんですね。

 

入ってきている!!入ってきているぞ!!!

 

こんな感じです。

私の場合2アンプル分打っていたからかも知れませんが、

打ったあともその腕だけ痛みが残っていましたね。

メルスモンはマイルドで全くありません。

プラセンタ注射に興味がある方は参考までに!

 

私の肌質・アレルギーについてと肌荒れした化粧品・スキンケアをまとめてみました。

多汗症に悩んでいる方へオススメしたいパースピレックス ローション

サプリメントを少しずつやめていったら色んな調子がええ!というお話。

シェアする

error: Content is protected !!